WeClip -新世代コミュニティSNS-

スピーカー

クリスマスのクイズ大会で驚いたこと。

皆さんこんにちは! オーストラリア、メルボルンからマリリンです。 あっという間に12月ですね。 先日、職場の英語学校でのクリスマス・パーティのお話です。 そこで 行われたのが、 各テーブル対抗 「クリスマスにまつわるトリビア クイズ大会」。マルチカルチャーの国なので、英語の先生も多国籍。 私のテーブルにも、オーストラリア出身の先生以外に、チリ、 インド、 カンボジア、 イタリア、 オランダ、 イギリス 、シンガポール、 そして日本(私)。 みんなサンタハットをつけて真剣に司会者の質問に耳を傾けます。 「サンタクロースが乗っているソリのトナカイの数は?」 「8頭!」「いや、9頭!」 いろんな声が飛び交います。答えは、最初は8頭だったのが、途中から9頭になったそうです。 そして、次の問題がなんと! 「その9頭のトナカイたちの名前を全て書き出してください。英語の先生なので、スペルミスも認めません」 なんてマニアックな問題と思っていたら、オーストラリア生まれの先生が突然、歌を歌い出し、それに何人かの先生が加わって合唱が始まりました。 その歌詞にトナカイたちの名前が登場するらしいのです。 「ダッシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、コメット、キューピッド、ドナー、ブリッツェン」 そして、日本でも有名な赤鼻の「ルドルフ」が途中から先導役として加入。 ピッカピカの鼻で夜道を照らす彼の活躍は、サンタさんも絶賛していますね! 日本とのクリスマス文化の深さの違いに感動していた頃、 「ではここで日本のクリスマスの問題です!」とアナウンスが流れて 視線は一斉にこちらに集中😓 「クリスマスの日、日本のお母さんたちはどこへ出かけるでしょう?」 それまで全くチームに貢献してなかった日本代表の答えは、 「日本のお母さんは、家で家族を待ってるはずだけど😢」 さて、答えは何でしょう?もうわかりましたね。 答えは「K F C」でした。 日本を離れて20年以上。確かそんな思い出もあった気がしますが、 他の先生たちからは「本当に?」の質問の嵐。 彼らにとってみれば、クリスマスの日に吉野家の牛丼に並ぶような感覚でしょうか🤔 その夜帰宅したら、食卓にはK F Cの食べ残し。メリークリスマス!🥳