WeClip -新世代コミュニティSNS-

スピーカー

ラテン言語を知っていると、英語の語彙が増えるよ また、その逆もしかり!

イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、これらはEU内の代表的なラテン文化・言語の国です。 私は、今フランス在住、その前はイタリア在住でした。ということで近年ラテン言語に付きまとわれています。 どちらの国にも、まったくその言語を知らずに来てしまったので、0からの出発だったのですが、実は、英語のおかげでまったくの0からの出発ではありませんでした。 今日の見出しにもありますが、そうなんです、英語にはラテン語派生の言葉が40%ほどあり、名詞・動詞・形容詞とあらゆる品詞内でこの3言語はつながっています。例えば、 名詞 教育 education 英  –  éducation 仏  –  educazione 伊 動詞 観察する observe 英  –  observer 仏  –  osservare 伊 形容詞 悲惨な miserable 英  –  misérable 仏  –  miserabile 伊 英語のおかげで、他の外国人移住者の方より、私のイタリア語学習、フランス語学習は語彙力の面ではスム-スに始まりましたが、ラテン言語の文法は一筋縄でははいかず、いまだに苦戦です。 が、イタリア語を知ってから、フランス語を学習し始めたので、初めてのラテン言語・イタリア語を学習した時よりは気楽にフランス語に取り組めました。 言語を色々知っていればいるほど、相互に助け合って、言語の達人への道を開いてくれると思うので、一緒に楽しく語学学習に励みましょう !