WeClip -新世代コミュニティSNS-

スピーカー

英語と日本語の意味の温度差に注意!その2️⃣

前回、「favorite (お気に入り)」について取り上げましたが、今回は「きれい!」についてお話しします😊 オンラインレッスンの時に、ちょっと気になるのが 部屋の背景じゃないですか? 以前は、業務用の大きなホワイトボードを使ってレッスンしていたので、それが背景でしたが、最近は画面シェアすることが増えて、ボードは廃業😅 真冬のメルボルンですが、ちょっと🤏背景に色を添えたいなと思って、自己流「お花のアパート」を作って、画面脇に置いています。 それがこの写真で、アパートの住居人(🌼)は疲れてきたら選手交代です😆 先日、ある生徒さんがこれに気づいてくださって 「きれいですネ〜!Beautiful!でいいですか?」 と嬉しいコメントをくださいました🥰 ただ、残念ながらbeautiful には及ばないと思います。おそらくネイティブなら「pretty」を使うでしょう。 きれい=beauiful💕の感覚で、「Beauiful!」を多用すると、またウチのオーストラリア人からダメ出しが出ます😅 また映画の話になりますが、美人な俳優さんを見て “She is beautiful!”と思わず声に出すと、 「prettyだよ。beautiful じゃないな」 てな感じ😭 次に可愛い女優さんにprettyを使うと 「イヤ、prettyじゃないな、cuteでしょ」 となることが多々あります😅 単なる美的感覚の違いかもしれせんが、 少なくとも私たちが日本語で思うよりずっと、 beautifulのハードルは高い気がします。 大自然の壮大な景色に目を奪われ、心洗われる思いで放つ「Beauiful!美しい!」🤩 そんな思いを、人が外見だけで得られるか?と思うと確かに納得できます。 人として内面も含めて総合的に素晴らしい人! がbeautifulなのかもしれせん😊 普通に「キレ〜」は「pretty」 「カワイ〜」は「cute」で覚えておくといいですね👍 ちなみにprettyは、公園や家などにも普通に使われます。