WeClip -新世代コミュニティSNS-

スピーカー

今回のテーマは、みんな大好き😜「前置詞」です。

前に置く詞(言葉)と書いて、ですが、何の前かと言うと? 名詞ですね。 なので、前置詞がくると次は名詞が来ると予想しましょう。   on, at, in, from, with…の短いやつですね。 日本語にはないこの前置詞、私たち日本人は苦手ですよね?   えっと~、このオフィスで働いているって言う時は [at the office, in the office] のどっちだっけ?   と悩んだことありませんか?😱   この場合は、どちらも正解です。 話し手がそのオフィスを、1つの場所として説明したいのか、空間として説明したいのかによります。   ただ、「この名詞にはこの前置詞」のような定形も多いので、 それが厄介です😭   あれ、これってon だと思ってたら、このテキストにはat になってるよ! 英語の先生が間違ってたのかなあ、テキストのミスプリ?いや単に記憶違い? と困惑したことはありませんか?   実はここにも英語と米語の違いがあったりします。 その違いが意味に影響することはありませんが、お互いに奇妙に聞こえます。   代表的な例を挙げてみますね。 週末に会いましょう! 🇬🇧 I’ll see you at the weekend. 🇺🇸 I’ll see you on the weekend.   土曜日に会いましょう! 🇬🇧 I’ll see you on Saturday. 🇺🇸 I’ll see you Saturday.   あまり神経質にならずに、どっちでもいいんだ!と開き直ることもできます😆 もう少し挙げると、 手紙書くね! 🇬🇧 I’ll write to you. 🇺🇸 I’ll write you.   スミス通りに住んでいます 🇬🇧 I live in Smith Street. 🇺🇸 I live on Smith Street.   とまあ、日常的によく使うフレーズだけ挙げてみましたが、まだまだあります🥵 どちらも完璧に覚えましょう!と言うよりは、これらの前置詞に出会ったら、すぐに間違いと判断しないで 「単なる英語と米語の違いかも?」と考えてみることも大事ということです🥹