WeClip -新世代コミュニティSNS-

今回のテーマ:must VS have to

みなさん、お元気でお過ごしですか? 6月に入り、南半球のオーストラリアのメルボルンでは本格的な冬に突入しました!   さて、今回のテーマはこちら 🇬🇧イギリスmust VS🇺🇸 アメリカhave to   どちらも「~しなければならない」の意味で覚えていると思います。 どちらも同じ意味と言われても、その違いを聞きたがるのは人の常。 私も文法を教えている立場上「先生、その違いは何ですか?」と何度も聞かれてきたので、いろんな文献を調べました。   ご存じの方も多いと思いますが、mustは主観的感情、 I must study English!:私は勉強しないといけない(自分でもそう思う)   一方のhave to は客観的状況、 I have to study English. :私は勉強しないといけない(自分は望んでないとしても立場上仕方ない) とされています。   ただ、この違いも本当に微妙なニュアンスの違いで、その違いを知らないまま使っている人も多いと思います。 現にうちのオーストラリア人に聞いてもあまりピンときてなかったようです🤭   万一あなたが通訳や翻訳家を目指している場合は、have to については、機械的に「~せざるを得ない」と訳すとピッタリする場合が多いのも事実、と覚えておくといいでしょう👍   ところが、それが英語と米語の違いと知っている人は意外と少ないのでは?   ただ、英語と米語の違いは「~しなければならない」ではなく「~に違いない」の強い推量の意味で使われる時に現れます。 (今ではイギリスでもhave toが普通に使われているので、ますます気がつくこともなくなりましたが…)   例えば「それは本当に違いない!」の場合 🇬🇧 It must be true! 🇺🇸 It has(got) to be true!   あくまで個人的な感覚ですが、米語のほうが句(2つ以上の単語で成り立つイディオム系)が多い気がします。 What do you think about it? It must be true? or It has to be true? 😁

16リアクション

3コメント

13
1
1
1
Mio@WorldTalk
2022/6/5

うわぁ!!納得しました!!本当に言われてみれば、米語は連語が多いですよね🤔Maririn先生の記事の内容を読みながら、ヘビメタみたいに首をブンブン縦に振りまくっています😂(ヘビメタ聴かないんであんまりくわしくありませんが🤣) こうやってグループ分けして下さると、腑に落ちる事って相当ありますね😊楽しいシリーズです!!次は一体どんな話が来るのだろうか?とワクワクが続きます🥳ありがとうございます(●´ω`●)

Meg☆ワールドトーク
2022/6/5

前半は私もよく生徒さんにお話ししますが後半は意識したことなかったです!意識して聞いてみるようにします😊✨楽しみがまたひとつ増えました~

Maririn@Worldtalk
2022/6/6

Mio先生、早速コメントありがとうございます😊楽しいシリーズと言っていただくと勇気が湧きます。先生もそう思いますか?よかった〜。米語は結構カジュアルな連語が多いですよね〜。

この投稿にコメントする