WeClip -新世代コミュニティSNS-

まずはチーム分けしてみます🤔

では今回からは広島弁は卒業して、イギリス英語とアメリカ英語の比較に入っていきますよ~。 まずは、ざっくりとグループに分けしてみますね。   アメリカ英語チーム USA/カナダ/プエルトリコ/リベリア/フィリピン   イギリス英語チーム イギリス/スコットランド/アイルランド/ウェールズ/オーストラリア/ニュージーランド/マレーシア/シンガポール/香港/南アフリカ/インド/パキスタン/ケニア/西アフリカ/ジブラルタル/マルタ/フォークランド諸島/カリブ海諸島   ……さて、こう書き出すとイギリス英語チームが多数派のようですが、実際は英語を母国語とする人の70%がアメリカに住んでいると言われています。   かつて大英帝国は地球上の4分の1を領土としていたので、イギリス英語も100年前は世界を圧倒していました。   戦前の日本でもイギリス英語が好まれていましたが、2度の世界大戦を経て急激にアメリカ英語が広がっていきました。 さらには近年の電子革命で、アメリカ英語が圧倒的に優位になりました。   マイクロソフトもマッキントッシュもアメリカ生まれですよね~   ただアメリカが国の体制を取ったのが1787年、イギリスが王国として統一されたのが1066年、と考えるとイギリスの歴史の方が700年以上も古くて、言葉の歴史もそうなんですね。   アメリカを『古い体制を嫌い新天地を求めて祖国を後にしたイギリス人が作った国』と乱暴に括ってしまうと、建国からまだ230年ほどの新しさの割に、米語がよくここまでオリジナルの英語から変化してしまったことも、なんとなく納得してしまいます。(英語の先生泣かせですが😓) ちなみに、アメリカの弟のような存在のオーストラリア(建国1901年)は、多少オーストラリア英語と呼ばれる方言はあるものの、基本はイギリス英語です。   ともあれ、多くの違いはあるにしても、イギリス人もCNNは分かるし、アメリカ人もBBCは理解できます。   またまた教科書っぽくなりましたが、次回はいよいよその違いに入っていきますよ!多分😆

19リアクション

3コメント

14
1
1
1
1
1
Meg☆ワールドトーク
2022/5/26

70%がアメリカにいるというのは初めて聞きました! フィリピンはアメリカ、マレーシアはイギリス。なるほど~ インドは独特ですがイギリス系なのですね。ふむふむ グループ分け見ているだけでも楽しいです😺✨

Mio@WorldTalk
2022/5/26

すごい…お見事です😮内容の濃さはもちろん、よくここまで濃厚な内容を1000文字以内にまとめられたなぁと、Maririn先生の物書きとしての才能に敬礼です!!😭私はついつい長くなってしまうので😅そういえば先生はマリコラムという本を出版されている正真正銘の実力派でしたもんね😊WeClipは本当に執筆されている本の情報リンクなどをプロフィールに掲載できるので名刺代わりになりますし、側から見てもその人の実際の活動経歴が分かるのですごく良いシステムだなと思います😊先生の次の記事がすこぶる待ち遠しいです😄

Maririn@Worldtalk
2022/5/26

"@Meg☆ワールドトーク アメリカの人口の多さを反映してますね〜。ちなみに大英国時代の名残を見せる英語グループの国旗は、その中にUnion Jackが組み込まれてることが多いですよね。

この投稿にコメントする