WeClip -新世代コミュニティSNS-

『前置詞』"ある"or"ない"で大違い!

in/at/on/withなどなど。。 一見『おまけ』のように感じる 【 前置詞 】 ですが、 前置詞のあるないで意味が全く異なってしまう場合があります😅 以下の2つの文章の違いは何でしょう❓❓ 1️⃣There is a nice restaurant to eat. 2️⃣There is a nice restaurant to eat at. 一見『at』のあるないだけの差ですが意味はこんなにも違います💦 1️⃣(食べるのに)良いレストランがある。 →『レストランを食べる』なんてありえませんのでおかしな文章です。 2️⃣(食べるという行為をするのに)良いレストランがある。 →正しい文章です では、この場合はどうでしょう❓❓ 1️⃣She is a funny person to talk. 2️⃣She is a funny person to talk with. 1️⃣彼女は(話のネタとして)面白い人だ。 2️⃣彼女は(一緒に話すと)面白い人だ。 全く意味が違うので 使い間違えないように注意しましょうね😺✨

7リアクション

3コメント

5
1
1
Mio@WorldTalk
2022/2/23

前置詞の有無で意味が極端に意味が変わってしまう典型例ですね(;´Д`)表情などからネイティブもある程度は察してくれるのでそこまで大きな誤解にならないこともありますが、相手任せにせずに話し手のほうで気を付けていくほうがベターですね😊

Meg☆ワールドトーク
2022/2/23

@Mio@WorldTalk 先生 文法事項に気を取られすぎて話せなくなるのは良くないですが、なにごとにおいても「無知」ってこわいなーと思うのでご紹介してみました😺

Masami&Worldtalk
2022/2/23

1️⃣She is a funny person to talk. 2️⃣She is a funny person to talk with. この例文、大きな意味の違いですよね。 ネタにされて楽しい人物と思われているのは微妙な気持ちになりますが、話すのが楽しい人物って思われているのはとっても嬉しいじゃないですか。 いや-、前置詞 い仕事してますね。吹奏楽部でいえばチュ-バみたい。 地味だけど、陰から支えて、その音が欠けるといまいち音色に深みが出ない・・・みたいな

この投稿にコメントする