WeClip -新世代コミュニティSNS-

スピーカー

ちょっと言いにくいことでも明るく言えちゃうフレーズ!

今回はLet’s goでLet’s go! あ、いきましょう😅 では早速レッツゴー!(くどい😝) Let’sは、let + us = 私たちにさせよう」で、「一緒にしましょう」という意味。親しい間柄で使います♪ Let's の隣には必ず「動詞の原形」がくることを押さえて、手始めに、5つの動詞でlet’s try! Let’s start / eat / swim / drink / cook! では口ならしができたところで、ちょっと深掘り! 動作から状態、つまり「形容詞」を使ってみましょう。形容詞の場合は、動詞は常にbe動詞!その原形だから「be」を持ってきて、 「Let’s be〜」の〜に形容詞を持ってきます。 では、今回は日本語を出題します!なんて言えばいいか考えてみてください☝️ 静かにしよう!/賢くやろう!/注意深くしよう!/明るくやろう!/真面目にやろう! 答えはLet’s beの隣に、 Let’s be quiet! / Let’s be smart! / Let’s be careful! / Let’s be cheerful! / Let’s be serious! さて、全部言えましたか? では、もうひと掘り! 今度は、動詞の前にnotをつけて「〜しよう」から「〜しないでおこう」の練習です。 例えば、Let’s goがLet’s not go. になります。 今回も、日本語から英訳に挑戦してみましょう! 文法自体は簡単なので、少し難易度を上げますよ🤓 今日は仕事の話はやめよう 今夜は飲まないでいよう 彼女に意地悪するのやめよう そんなに悲観的にならないでいよう Let’s not talk shop today. (talk shop:仕事の話をするの意味) Let’s not drink tonight. Let’s not be mean to her. (mean:意地が悪いの意味) Let’s not be so negative. 命令形の前にlet’s を置くだけで「自分もそうするから」の意味が入るので、この例文のように、 ちょっと言いにくい内容でも、 ハードルが下がって言いやすくなります🤗 では、引き続き、Let’s keep studying English!! 💪