WeClip -新世代コミュニティSNS-

スピーカー

前回のI miss you をさらにグレードアップ!

皆さんこんにちはメルボルンのマリリンです😊 前回のレッスンの時は考えていなかったのですが、I miss Youをもうちょっと深掘りしてみたくなりました。と言うわけで、もうちょっとお付き合いください😉 まずはおさらい☝️ I miss you と人が来れば、その人がいなくて寂しい。あるいはI miss Japanのように、人以外を持ってくることも可能。 さらにI miss working thereのように昔やっていた動作、さらにI miss being singleと昔の状態を持ってくることも可能!と言うところまで進めました。詳しいは前回の📎をご参照ください🤲 さらに今回はもう2つプラスして覚えましょう。 I miss 人+動詞ing= 「誰々が〜していたことが懐かしい」の公式! 例えば「彼が一緒に働いてた頃がなつかしい」なら? I miss him working with me. 「あれ、メルボルン留学中に教えてもらってましたね? なつかしいなぁ」という昔の生徒さんのセリフは? I miss you teaching me English! なんて言われたら嬉しい😆 さらに発展して、動作の前にnotをつければ「〜したこと」から「しなかったこと」に変化します♪ 忙しい日々の中で「ああ、忙しくなかった頃が恋しいよー!」と叫んでみましょう😅 I miss not being busy!!!!!📣 最後にこのフレーズに挑戦! 「マスクなしだった頃がなつかしい」 I miss not wearing a mask😷 このセリフ自体がなつかしく思える日が早く来ますように🤞