WeClip -新世代コミュニティSNS-

わが街は加賀百万石と姉妹都市なり

国際交流大好きな私に、引っ越して4年目に日本文化を伝える思わぬ機会が巡ってきました。 我が街ナンシ-市と北陸は加賀百万石、金沢市との姉妹都市45周年記念行事のボランティアお手伝いです。私の役目は、金沢からお招きした金沢消防団の皆さんのお世話です。 消防団の皆さんが、世界遺産広場で加賀鳶(出初式)を実演してくださるので、私は広場にいるフランス人の方々に加賀鳶の説明をしたり、見ていってくれるようにお勧めしたり、多少フランス語を使い冷や冷やでしたが、とても楽しかったです。 異国で日本人の方のお役に立て、フランス人の方に楽しいひと時、異文化体験を紹介できて、国際交流ってなんてすばらしいのって思いました。 さて、加賀鳶とは何かの問いに、誰が、どこで、何を、どんな服装で行うのか、演技の安全性のために行うことは?具体的なポ-ズは?搔い摘んで考えてみました。 « Kagatobi » is an acrobatic performance on 6-meter-tall ladders by male volunteer fire brigadiers dressed in Edo-style clothes. A performer ties his foot on the ladder with a cloth. Performers take their position on the ladder such that the stomach is facing downwards, his body is horizontal and parallel to the ground, mimicking, as it happens, the flight of a bird. 加賀鳶は男性消防団員が、高さ6メ-トルの梯子の上で繰り広げる空中技の演技です。演技者は江戸時代の消防士のはっぴ姿で演技します。 高い梯子の上で演技をするにあたり、演技者は片足を紐でしっかり梯子に結びつけます。 そして、梯子の上で腹ばいになり、自分の体を地面と平行にまっすぐに凛と伸ばし、鳶が飛んでいる様子を思わせるようなポ-ズを空中で決めてくれます。 初めて見た加賀鳶、私の心に強烈な印象を残し、翌年の里帰りの際に金沢まで見に行ったぐらい感動。本家の演技はもっと大規模でまさに圧巻、大迫力!

10リアクション

3コメント

5
2
1
1
1
Mio@WorldTalk
2022/1/21

Masami先生!!さぞかし楽しかったことでしょう!!私も読んでいてワクワクします😆加賀鳶かぁ…私も生で見てみたいですよ!!こういう話を見聞きするとウズウズしてくる自分はやっぱり日本人ですね(●´ω`●) 姉妹都市情報をありがとうございます🌞世界と日本はたくさんの接点がありますね!!フランスの方々も大喜びされていたのではないでしょうか🤗見よ!これが日本の心意気だ!!なんて( ´艸`)

Mio@WorldTalk
2022/1/21

Masami先生がナンシー市にいらっしゃるからこそ、日本人の先生を介して双方がさらに理解を深められたことがたくさんあったと思います🌝 先生は最強の日本代表ですね!!若輩者の自分が言うのもおかしいのですが、先生が日本人として海外で活躍されていることが同胞として誇らしいです🌝

Meg☆ワールドトーク
2022/1/21

これ!私も一度見てみたいやつです🥰

この投稿にコメントする