WeClip -新世代コミュニティSNS-

スピーカー

黒目のウサギ、左利きの投手、なんて言う?

Merry Christmas🎄 everyone! 今年も残りわずかとなりましたね、お元気ですか? 真夏のメルボルンから、マリリンです😊 今回のテーマも前回に続き、 形容詞+[体の部位]ed=形容詞な[体の部位]の という公式です。 憶えていますか?😅 前回は頭と髪の2つを練習しました。 今回は深掘りするのは、「目」と「手」です。 ⑴目 「目」の[eye]にedをつけると、すでにeが語尾にあるので、1つ省略して[eyed]。 さて、今回もこの前にいろいろ付けてみますよ。 どんな意味か考えてみましょう! blue / red / one / open / black + eyed さて、想像つきましたか。 では今回も順番に左から 青い目の/ 赤目の/ 一つ目の/ びっくり目の / 黒目の  色を持ってくると、その色の目になりますが、赤目はさらに「充血した目」、黒目は(パンチされたりして)「パンダ目になった」という意味で使われることが多いです。 なので誤解を避けるため、わたしたち日本人の目は「ダークブラウン」をよく使います。 ちなみに「Black eyed peas」は 人気ロックバンドの名前にもなってますね👍 (2)手 そしてこの最後に取り上げる「手」 もうすぐ浮かびましたか? 「hand+ed」ですね。 left / one / small / empty / single + handed さて、全部想像つきました? 左利きの / 片腕の/ 小さな手の/ 手ぶらの/ 独力での の意味になります。 同じ「1つ」でもone は物理的に片手で、single は1人の手でと意味が分かれるのがおもしろいですね。 We’ll have a party 🎉 Please come empty handed! (パーティするよ。手ぶらで来てね!) なんて言われるとスキップしながら参上します😆 クリスマスパーティはさすがにプレゼント🎁は必須ですが。 では、みなさんのもとにも素敵なプレゼントが届いていますように🥰