公平な先生、縮毛の犬

公平な先生、縮毛の犬

みなさん、お元気ですか? メルボルンのマリリンです😊 今回のテーマは、 形容詞+[体の部位]ed=形容詞な[体の部位]の という公式です。 これで形容詞を作れるので、名詞を説明できます。 この公式を知っているだけで 人や動物の表現力が何倍にも広がること間違いなし! 是非、モノにしてください。 この表現はとってもたくさんあって便利なので、 2回に分けて紹介したいと思います。 まずは頭のてっぺんから順に、頭と髪の2つを練習してみましょう。 ⑴頭 最初は「頭」の[head]から。 頭を英語で言うと[head]、それにedをつけると[headed] さて、この前にいろいろ付けてみますよ。 どんな意味か考えてみましょう。 cool /clear /soft /level /empty-headed 正解は順番に、 冷静な/冴えた/柔軟な/平等な/空っぽな:頭をした の意味になります。 He is cool-headed. 彼は冷静な頭をしている=冷静だ She is a level-headed teacher. 彼女は誰にも公平な先生だ のような使い方ができます。 ⑵髪 次に「髪」の[hair]。同じくedをつけて[ haired]にします。 さて、この前にも思い浮かぶ形容詞を付けていきましょう! grey/ fair/ long / dark / wavy /straight-haired こちらも正解は順番に、 白髪の/金髪の/長髪の/黒髪の/縮れっ毛の/真っ直ぐな髪の の意味になります。 Who is the fair-haired boy? あの金髪の少年は誰? I have a long-haired cat.  私は毛の長い猫を飼ってます。 ここで気をつけたいのは、黒髪、白髪の黒白は black, whiteより、dark, silverの方が英語では自然です。 そして金髪も、blond よりもfair の方をよく聞きます。 さて、周りを見渡して、たくさん表現したくなって来ましたか👍 では、後半もお楽しみに😊

11リアクション

3コメント

7
2
1
1
Meg☆ワールドトーク
2021/12/20

便利な表現ですね🥰ありがとうございます。 black hair , black eyesとついつい言いがちですがネイティブからするとblack???ですよね。先日フィリピンの方はI have black hair.と言っていたので日本人と感覚にているのかなぁと思ったり。 国による色彩感覚の違いなども興味あります!太陽の色とか信号の色とか💕そんなお話もいつかMaririn先生に現地の情報お聞きしたいです!

Maririn@Worldtalk
2021/12/20

早速コメント、ありがとうございます!確かに〜!日本では信号は青ですよね?でも「青」というたび「緑」と訂正されます。色の感覚、いいテーマですね🤩

ほりにし🍋ワールドトーク広報
2021/12/20

すごいです、、!!!私ボキャブラリーが少ないので「形容詞を並べただけ」「単語を並べただけ」の表現になりがちで全然英文を作れないのですが、この法則と基本的な疑問詞と動詞を知っていれば ちょっとした海外旅行にも行けちゃいそうです😍😍 ほんとにすごいです、、😂

この投稿にコメントする